2006年10月05日
■ 関宿城博物館(2)

【平成18年10月5日(木)】

川の歴史を学ぶことができる「関宿城博物館」、面白いかもしれません。(1)では、高瀬船の運行までをご紹介しました。

明治時代に入り、近代化が進み、蒸気船「通運丸」(1/25サイズ)が、銚子~利根川~利根運河~江戸川~両国を約18時間で運行してました。高瀬船は引退なんでしょうかね。

%EF%BC%91%EF%BC%91%E9%80%9A%E9%81%8B%E4%B8%B8.JPG

蒸気船が成功すると各地に汽船会社が設立され、同業者間の競争が激しくなったことから、各汽船会社が広告(チラシ)をするようになったそうです。今も変わりませんね。

%EF%BC%91%EF%BC%92%E6%B1%BD%E8%88%B9%E5%BA%83%E5%91%8A.JPG

1Fの常設展示を見終えて、4Fの展望室へ登りました。

%EF%BC%91%EF%BC%98%E5%B7%9D%E5%88%A5%E3%82%8C.JPG

分かりにくいですが、川の分岐点です。上流から流れてきた利根川が、左へ流れる江戸川と分かれるところです。

%EF%BC%91%EF%BC%99%E5%88%A9%E6%A0%B9%E5%B7%9D.JPG

遠くに筑波山、手前が利根川です。歴史を見るようでした。

館外に出て、見あげると、そこにはお城が。江戸城の富士見櫓を模した関宿城を再現しているんですって。結構、立派ですよ。

%EF%BC%92%EF%BC%90%E9%96%A2%E5%AE%BF%E5%9F%8E%E5%A4%96%E8%A6%B3.JPG

さらに江戸川の方へ歩いていくと、関宿水閘門(すいこうもん)がありました。、江戸川へ流れ込む水量を調節するために昭和2年に設けられました。

%EF%BC%92%EF%BC%91%E9%96%A2%E5%AE%BF%E6%B0%B4%E9%96%80.JPG

おわりです。楽しかったですよ、案外、ね。

2006年10月04日
■ 河川の歴史学びます、関宿城博物館(1)

【平成18年10月4日(水)】

ドライブしていて「関宿城博物館」という看板を見つけたので、ちょっと行ってみることにしました。場所は、埼玉県と千葉県、そして茨城県の県境に位置しています。利根川が江戸川と分かれる野田市にあります。

遠くにお城のようなものが見えてきます。

%EF%BC%90%EF%BC%91%E9%96%A2%E5%AE%BF%E5%9F%8E%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E5%A4%96%E8%A6%B3.JPG

駐車場に車を停めて、早速、入口へ。

%EF%BC%90%EF%BC%92%E5%85%A5%E5%8F%A3%E9%96%80.JPG

玄関に博物館マスコットキャラクター?「カッピーくん」が出迎えてくれますよ。あまり元気のない声で「ようこそ~」と、説明してくれます。

%EF%BC%90%EF%BC%94%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%B4%E3%83%BC%E5%90%9B.JPG

この関宿城博物館は、江戸城の外城として、江戸を守った関宿城を模した建物で、利根川流域の洪水・治水の歴史や生活、産業、文化をいろいろな展示物でもって紹介しているんですって。

カッピーくんの説明をそこそこに、早速入館料200円を払って、さあ、行こう!

流域面積日本一の利根川は、江戸時代には主要水上交通網として栄えましたが、一方で、水害多発地帯でもありました。

%EF%BC%90%EF%BC%95%E6%B0%B4%E5%A1%9A.JPG

↑写真は「水塚(みづか)」(実物大で再現)といって、洪水の際に避難できる場所として母屋よりも高く土を盛り(3~5m)、その上に建物を建て、生活用品や食糧を保管していたんです。今でもこのあたりでは、水塚の跡が残っているようです。

%EF%BC%91%EF%BC%96.JPG

中世の関東の河川の流れは今と全く異なっていたんです。河川の改修工事や干拓などを繰り返し、水運整備が進みました。東京湾に注いでいた利根川も改修を繰り返し、1654年に太平洋に流す工事が完了したんですって。

%EF%BC%90%EF%BC%97%E9%AB%98%E7%80%AC%E8%88%B9.JPG

水運が整備されることにより、江戸を中心に物資や人が行き交うようになりました。そのときに大活躍したのが「高瀬船」で大きな帆を張りながら、米俵などを多く運び、そして、野田・銚子の醤油、流山のみりん、猿島のお茶などなど各種の産業を産み出しました。

%EF%BC%91%EF%BC%97%E9%87%8E%E7%94%B0%E9%86%A4%E6%B2%B9%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB.JPG

野田市の醤油を探すなら、iタウンページ!

銚子市の醤油を探すなら、iタウンページ!

茨城県猿島のお茶製造を探すなら、iタウンページ!

茨城県猿島のお茶卸・販売を探すなら、iタウンページ!

博物館見学はまだまだ続きます。

2006年09月24日
■ 幸手市の権現堂桜堤の曼殊沙華、知ってました?

【平成18年9月24日(日)】

今日は、朝から快晴。
家の近所で「彼岸花」を見たことから、幸手市の権現堂桜堤の曼殊沙華祭りに出かけることにしました。
家から国道4号線を北上し、小一時間で到着。春は桜、初夏はアジサイ、秋は曼殊沙華(彼岸花)が咲き誇るようです。

駐車場に車を止めて、早速、堤に。

%EF%BC%90%EF%BC%99%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A%EF%BC%8A.JPG

↑土手に茶店が1軒ありましたが、出店が出るような祭りではありません。

%EF%BC%90%EF%BC%92%E5%A0%A4%EF%BC%8A.JPG

↑土手道の両脇に、曼殊沙華が植えてあります。

%EF%BC%90%EF%BC%98%E5%9C%9F%E6%89%8B%EF%BC%8A.JPG

↑↓少し堤を歩くと、群生地が現れます。土手一面に咲き誇ってます。

%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%9C%9F%E6%89%8B%EF%BC%8A.JPG

↓曼殊沙華は、真っ直ぐに伸びて大きな華を咲かせます。

%EF%BC%91%EF%BC%90%E6%9B%BC%E7%8F%A0%E6%B2%99%E8%8F%AF%EF%BC%8A.JPG

%EF%BC%91%EF%BC%91%E6%9B%BC%E6%AE%8A%E6%B2%99%E8%8F%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97.JPG

この権現堂桜堤の曼殊沙華は、NPO幸手権現堂桜堤保存会と市民ボランティアが平成8年に植え始め、今では7万株にまで広がりました。訪れたときも、保存会の方々が清掃や曼殊沙華の手入れをされていました。どうもありがとうございました。

2006年09月17日
■ 久々のバスケットボール。

【平成18年9月17日(土)】

昨日、同年代の友人に誘われて、バスケットボールをすることに。午後3時に東武東上線朝霞台駅改札口集合。その付近には、なんと、若い人たちがいっぱい。大丈夫かなー?そんな人数集まらないけど、って言ってたのに、これじゃ結構真剣にやるの?かな。
朝霞台駅から車で30分、新座市市民総合体育館へ到着。サブアリーナということで、コート一面のみの場所貸切。総勢20人弱。もしかして私、最年長。
中学の2年、3年にバスケットボール部に所属してました(1年生の時は嫌で行かなかったんです)。そんな過去の経験だけで無謀にも参加。
まずは練習、3on3。そしてチームに分かれて、試合を。私と友人、そして友人の会社の若手社員で1チーム。相手方は、友人の若手グループ、25~6才のバリバリチーム。
↓試合開始です。
%E8%A9%A6%E5%90%88%E9%96%8B%E5%A7%8B.jpg

↓結構、白熱です。
%E7%99%BD%E7%86%B1%E3%80%81%E8%A9%A6%E5%90%88%E4%B8%AD.jpg

結果は、

25対24で、私の所属チームの勝ち!

↓「お疲れ様でした、また次回」(えっ、次回もあるのね)と、私の友人が締めました。
%E7%B5%82%E4%BA%86.jpg

着替えて、朝霞台駅で打ち上げの飲み会でした。

朝霞台駅周辺の居酒屋を探すなら、iタウンページ駅から検索!

若い方々とおしゃべりして、また元気をもらいました。ありがとうございました。

2006年09月07日
■ 水族館の癒やし宿泊プランって?

【新聞記事を見て】平成18年9月6日日経産業新聞「海底の雰囲気 女性を癒やす」

この夏、大いに稼働率を上げた宿泊施設は「水族館」だろう。夜間の観察会が増えて「夜の水族館」の人気が高まる中、鴨川シーワールドや鳥羽水族館が始めた、大水槽の前で眠る「お泊り」企画が各地に広がり、今夏は競うように実施された。そもそもは夜行性の魚の生態を知る楽しみや夜の産卵に立ち会えるかもしれない期待感で子供や親子の知的好奇心をくすぐるのが狙いだった。それが海底の雰囲気に包まれて宿泊したいという大人の需要を惹きつけている。

【ちょっと探してみよう。さぁ、iタウンページ検索!】

宿泊プランのいくつかをご紹介します。

究極の癒やし、お泊りですね。

内容は直接電話でお確かめくださいね。

新江ノ島水族館:女性限定の宿泊に力を入れている。くらげ観察+ヨガやマッサージ講座。今秋「アートヒーリングナイト」開催、絵を描きながらの癒やし講座。

鳥羽水族館:大人限定、一泊二食7000円。

八景島シーパラダイス:イルカが泳ぐドーム型水槽の下にデッキチェアを並べ、朝までくつろぐ女性限定プラン

DVC20012.JPG

鴨川シーワールド

マリンワールド海の中道:ラッコなど眠る生物の観察+巨大水槽前で親子でお泊りする「ミッドナイト探検隊」

東京の水族館を探すなら、iタウンページ!

問い合わせしてみる価値はありますよ、これは。

2006年09月05日
■ これから流行る、卵の殻マーケティング!

【新聞記事を見て】平成18年9月4日日経MJ「卵の殻に広告 洗ってもゆでても消えず」(米国発)

米国人は一人年間250個の卵を食べる。エッグヒュージョン社は、卵の鮮度を調べる方法として、卵の殻に、サイトのアドレスなど生産履歴と使用期限がわかる情報を印刷する手法を編み出した。数字や文字はレーザーで刻印するので、洗ってもゆでても消えない。これまで全米で10社の鶏卵メーカーを説得した。テレビ局のCBSが卵の殻に番組名や時間、ちょっとしたメッセージを印刷して秋の新番組を宣伝する。「エッグバダイジング」という。この秋、3500万個の卵に登場するとあってたちまち注目された。卵は口に入る前に少なくとも3~4回は目に触れる。格好の広告媒体、と社長は自身をみせる。

【ちょっと探してみよう。さぁ、iタウンページ検索!】

アメリカが、年間250個消費で、驚いてはいけません。日本は、年間消費量は一人当たり329個で世界第2位なんです。では、世界一の卵消費国は、どこ? それは、

イスラエル

何ですって。へー、って感じですね。

東京で卵を探すなら、iタウンページ!

◆←iタウンページで「卵」と入力して検索してみてください。

卵に詳しくなりたい方はこちらをチェック!

329個だと、ほぼ毎日、卵を見ている計算になるので、日本の方が、『卵から(殻)マーケティング』は普及しそうな気がしますね。

%E5%8D%B5%E3%81%AE%E6%AE%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg

2006年09月04日
■ 写真館、サービス向上してますね。

【新聞記事を見て】平成18年9月2日日経新聞「写真撮影、個室で対応」

子供向け写真スタジオのスタジオアリスは、個室で接客する新型店を神奈川県海老名市に開業した。店内に10ブースを設け、家族単位で着付けやメークを施す。従来は、共同スペースで一斉に着替えていたため七五三などの繁忙期に接客水準が下がりやすかった。今後は既存店を改装し、順次増やしていく。一室あたり6平方m、1~2人の店員が付く。新型店の展開により既存客の再来店を狙う。

【ちょっと探してみよう。さぁ、iタウンページ検索!】

・写真館は七五三の時期に年間売上の半分以上を稼ぐって言われています。年々、写真館の顧客獲得のため、販促時期が早まってきて、競争が激化しており、そのせいで、市場が拡大しているようです。
・そんな中で、各写真館が、サービス向上を行うのは必至なんでしょう。そして七五三だけでなく、結婚記念日などの新たな需要を取り込んでいきたいと考えてます。
・宮城県のスタジオスマイルは、4トントラックを改造した移動フォトスタジオ「撮ってみっカー」を導入、来店できないおばあちゃんやおじいちゃんがいる家族向けの記念撮影ニーズを囲みこむ戦略のようです。数分でスタジオ設置が出来るのでひじょうに便利です、と。

car.gif
↑撮ってみっカー

東京、世田谷区で写真館を探すなら、iタウンページ!

千葉市で写真館を探すなら、iタウンページ!

◆←iタウンページで「写真館」と入力して検索してみてください。