メイン | さすが、ハイランドパーク30年、実力を見た。 »

2006年09月02日

 ■ ニッカブレンダーズバー、素敵でした。

【No.60】ニッカブレンダーズバーでのひととき

8月の最終日、朝晩めっきり涼しくなってきました。

そんな時に、ふと、誘われて、ニッカブレンダーズバー(場所 03-3498-3338)に出かけました。以前から行きたかったバーなんで、いそいそと。

%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%BC%E5%85%A5%E5%8F%A3.jpg

少々、荘厳な雰囲気の扉を開けると、やはり厳かなバーでした。案内されたのはカウンターとテーブル席のあるところ。カウンターに座り、まずはビール。

%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%BC%E5%BA%97%E5%86%85.jpg

目の前には、ニッカの各瓶はもちろんのこと、ニッカ、アサヒビール関連のシングルモルトがところ狭しと並んでいます。

そして、楽しみの
「キーモルト&カフェグレーン テイスティングセット」
を注文しました。

%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88.jpg

おー、凄い。6種類のウイスキーと6つのテイスティンググラスがカウンターに並びました(結構、感激しますね)。種類は、左から、以下のとおり。

・キーモルト余市12年 Sherry & Sweet
・キーモルト余市12年 Peaty & Salty 
・キーモルト余市12年 Woody & Vanillic
・キーモルト宮城峡12年 Fruity & Rich
・キーモルト宮城峡12年 Soft & Dry
・カフェグレーン12年 Woody & Mellow

%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%BC%E6%94%AF%E9%85%8D%E4%BA%BA.jpg

一つずつ味わうにあたって、カウンターの中から支配人が説明をしてくれるんですね。
ブレンデッドウイスキーを作るためのキー原酒(市販はされてません)、こんなのが味わせてくれるなんて、やはり、ニッカは素晴らしいですよ。
大きくは、
・原料の違い(モルトとグレーン)
・蒸留所の違い(男性的な荒々しい余市とまろやかな女性的な宮城峡)
・製造の違い(シェリー樽熟成の芳醇さと、ピートの香り、そして、樽の香り)
ですが、やはり、並べて飲み比べると、違いがはっきり分かります。
これだから、ウイスキーは奥深く、愉しい、興味深い、へー、やめられましぇーん。

大満足なテイスティングセットでした。この後もお楽しみですよ。

皆さんも一度、行かれてはいかがでしょうか(お薦め)。

投稿者 obata : 2006年09月02日 14:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://itownpage.jp/mtt/mt-tb.cgi/5

コメント

後姿の女その1のKです。
まじでブレンダーズバー素敵でした♪
モルトウイスキー初体験の私としては
あんなに丁寧に説明してもらったりできるなんて思ってもみなかったのでもう言うことなしでした。
お酒に酔うというよりお店の雰囲気に酔わせてくれる素敵な空間が見つかったって気持ちです。
正直言うとウィスキーってオヤジの飲み物かな?なんて思ってたところがあったのですがとんでもない!
かっこいい大人の飲み物でした。
こんな場所やお酒の似合う素敵な女性になりたいものです。
(*^^*)

投稿者 K : 2006年09月06日 12:06

後姿の女その2です。
ホントに、素敵なBarでした!!
いろいろと飲み比べも出来、それぞれの魅力を味わえました。
バーテンさんの、丁寧な説明・応対にも感激です。
また、行きたいお店ですね。

投稿者 mi : 2006年09月07日 09:28